【逃げるな自転車!】礼儀なき戦い

あれは出勤途中の事故でした。


いつも通る通勤道路がその日はやけに混んでいたので、「やれやれ」と思い脇道へ進路を変え会社へ向かいました。


そこは普段は通る事のない道路で、家が建ち並ぶ閑静な住宅地。


あちらこちらでお母さんが玄関先まで子供を送りに出ている程ののどかな場所で事故は起こったのです。


通学時間も重なり、ランドセルを背負った小学生から自転車を立ちこぎする学生が車道を悠々と歩いているのは住宅街の最大の難点であります。


私は一時停止の標識に気づき、のどかな通りを走ってる訳なので普段以上にとにかくシッカリ停止。


愛車の前を渡る子供達を見ながら、昨日洗車をしたばかりでピッカピカになったボンネットが目に入る。


「やっぱり洗車したら気持ちいいな」そう思った次の瞬間、そのピッカピカのボンネットに「ガシャン!」と飛び込んで来たのは自転車に乗った女子高生でした。


停止している私の車に自転車がぶつかって来たのです。


「なぜ?」私でなくても誰しもそう思うでしょう。


女子高生は接触した衝撃で自転車ごと倒れ、起き上がったかと思うと手から離れた携帯を拾い何事もなかったかのように無言で走り去って行ったのです。


私はその時、数年前にも同じ事があった事を思い出しました。


その時は二人連れの男子高生です。


男子高生の一人が今回同様に私の車に接触し同じように自転車ごと倒れたのですが、今回と違っていたのはもう一人の男子高生が一緒になって「すみませんでした。車大丈夫ですか?」とその場で真っ先に車の心配をしてくれたのです。


倒れた際に肘を擦りむいたようで、肘から血を出している律儀な青年を前にいい大人が文句なんか言える訳ないですよ。


私は青年達に一応接触した箇所を確認し、コンパウンドで磨けば消える程度の傷である事を説明し「大丈夫だから」と納得して貰いその場を後にしたのです。


走り去る女子高生の後ろ姿を見て、何度も何度も頭を下げて去って行ったあの青年達を思い出しましたが、今回の事故は比べるに値しない程とても後味の悪いものでした。


謝罪どころか私の方を見る事もなく何事もなかったかのように無言で走り去るとは、太々しいにも程がある!


親の顔が見てみたいものです。


その後、しばらくは事故があった同じ道をあえて通って女子高生を探しました。


嫌な思いが残ると何か一言いってやらなきゃ気が済まないところまできていましたが、「そんな相手に無駄なエネルギー使って」と途中でバカバカしくなってやめました。


今でも思い出すと気分の悪くなる事故です。

【全損で修理したい】失敗しないための交渉術

自動車保険には人身傷害は必ずつけよう

私は、自動車を乗る時には必ず事故した場合に、相手への補償を考えて自動車保険には必ず入らなければならないと親から教えられて育ちました。


それが世間一般の常識だと思っています。ところが、ある日、車の運転中に交差点で信号待ちをしている時に事件がおこりました。


信号が青に変わったので、車を発進させると右折しようとして停止している軽トラックが突然動き出し、私の車に突っ込んできました。


私は足を骨折する大けがでしたが、その軽トラックは何事もなかったかのように逃げてしまいました。ケガで動けない状態でしたので、逃げた車のナンバーを覚えることはできませんでした。


 夜遅かったのですが、通りがかりの住民が駆けつけて下さり、救急車への連絡、警察への連絡、二次災害が起こらないように、交通整備までして頂きました。

その中には看護師もおられたようで、すぐにバイタルチェックなどを行って、迅速に駆けつけた救急隊に連絡して頂けたのです。


そのまま救急病院に搬送され、翌日に手術を行いました。警察からひき逃げをした犯人を逮捕したという連絡があり、いろいろな事情をきかれ、調書に書かれていきました。

当時、その場にいた住民の方が、逃げた車のナンバーを目撃して警察へ連絡して下さり、スピード逮捕となったようです。


相手が分かったので、治療費や慰謝料などの請求をすることができると安堵しましたが、警察の方から、相手は無保険であること、加えて、自賠責保険にも加入しておらず、車検も切れているということを伺いました。ですので、相手の保険から補償を受けることは当然できなくなりました。


困った事になり、このままでは治療費はおろか慰謝料や休業補償すらもらえなくなります。

急きょ病院側に事情を話して、自由診療から健康保険の適用に変更して頂くことができました。私自身の保険会社からは、無保険の場合で過失がない場合、相手と示談の交渉等をすることができないと言われました。


全て自分自身で行うしかないとのことでした。その時に、保険会社から聞かされたことは、「人身傷害」に加入をしていると、相手が無保険の場合であっても治療費などを自分自身の保険から支払ってもらえるというものです。


 車に乗る人が全て自動車保険に加入しているわけではないこと、自分の身は自分で守る必要があることを学びました。

これからは、収入があがらず、保険に加入することをしない人たちが増える可能性があります。そのような社会に備えて、私は車に乗るなら、人身傷害に加入、を伝えていきたいです。

自動車を運転するなら任意保険は必要です

自動車事故っていつ起るか分からないですよね?

車を運転するなら次の瞬間事故に遭うかもしれないんです。絶対に事故に遭わない保証なんてどこにもない。日本は交通ルールを守る人が多く無茶なことをする人が少ないから自動車事故なんて他人事だと感じやすいですが、最近は自分勝手な運転をする人が増えています。

高齢者ドライバーも増えているので自賠責保険だけでは心配。いつ何が起るか分からない世の中になったからこそ車の運転をするなら任意自動車保険に入ることをオススメします。

わたしは運転免許を取ってすぐ自動車保険に加入しました。免許取り立てだと必ずどこかぶつけるじゃないですか。もらい事故の可能性もあれば事故をしてしまう可能性もあります。だからすぐに保険に加入しました。

保険に加入して2年目にわたしは事故を起こしました。走ったことがない道で迷いながら運転していたため確認が疎かになってしまったのです。幸いなことにわたしにも相手にも怪我が無く車の修理だけで済みました。その時全て保険で対処してもらえて本当にホッとしたことを20年経った今でもよく覚えています。

車の事故は毎日どこかで起っています。トータルすればすごい件数でしょう。その人達がみんな自動車保険に加入していれば保険対応でなんとかなりますが自賠責保険だけだと保険で対応できないこともあるでしょう。

自分の一生を棒に振らないためにも車を運転するようになったら自動車保険に加入すると安心です。プランがいくつもあるはずなので無理なく支払っていけるプランを選ぶと良いです。わたしはたまに自動車保険の内容を見直しています。3年に1度は必ず自動車保険のプランを確認して必要ならすぐプラン変更しています。

自動車事故を起こしてしまうと本当につらいです。相手が悪くても車を修理したり、怪我をすれば病院通いをしなければいけません。むち打ちになるとしばらくリハビリをしなければいけなくなりその期間もつらい。元のカラダに戻れるのか?という不安が渦巻きイライラすることもありますし悲しくなったり落ち込んだり・・・。

わたしは事故のあと2ヶ月くらいむち打ちのリハビリに通いましたがその間気持ちが沈み続けました。いくらリハビリしても良くなっている実感が全くなかったからです。

今でもその事故の後遺症があります。残念ながら後遺症障害は認められず悔しい思いもしました。何があっても対処できるように保険加入は必要です。

片側1車線の右折時に止まってもらった対向車の横から原付バイクが出てきて衝突しました。

当時、新入社員として会社の研修先でビジネスホテルに滞在していたころの出来事です。


普通車を中古ではございますが、ローンで購入して車の運転が楽しくてたまらなかったわけですが、交通事故を起こしてしまいました。


片側1車線の混雑している対向車線の車を待って、滞在しているビジネスホテルに右折で進入しようとしていたときに、対向車線の1台が止まっていただきました。

ありがたいことだと思わせていただき、手を挙げて早急に右折した時に、止まっていただいた対向車の横から原付バイクが猛スピードで直進してきましたので、私の車に気づいたときにブレーキをかけましたが間に合わず私の車の右前方と原付のほぼ正面が衝突してしまいました。ぞくに言われておりますサンキュウ事故です。


原付バイクに乗っていたのは高校生でしたが、前方のほうに飛び込んで怪我をさせてしまいました。その後、原付バイクの運転手も立ち上がり、警察を呼びました。警察に説明を終えて、自動車保険会社様に連絡をさせていただきました。


自動車保険会社様へ原付バイクが猛スピードだったことを説明させていただきましたが、相手は怪我をしているため、私のほうがかなり不利な状況になりました。


人身事故にしなくてもよいとのことでしたので相手の原付バイクの修理代から、全てを私と自動車保険会社様とで賄わなければならないことになりました。


相手はかすり傷だったものの怪我をしていますので人身事故にされますと、罰則がつけられますので、不幸中の幸いでもありました。


それ以来、右折時の対向車が止まっていただいても横からバイクや自転車が出てこないかを慎重に確認させていただきながら右折させていただいております。


運転免許を取得した時の「~かもしれない運転」を十分意識させていただきながら運転させていただいておりますので、サンキュウ事故は2度と起こしていません。


その他にも、交差点での事故などいろんな種類の交通事故がございますが、スピードを出しすぎないこと、確認などの目視を十分にすることを念頭に車を運転させていただいております。

先日、ゴールド免許に更新させていただきましたが、その際にも30分程度の交通事故のビデオを見させていただきました。交通事故に遭った被害者のご家族などは大変な辛い思いをされていることもよく分かりましたので、やはり交通事故というものはちょっとの油断で起きる大きな事故として十分に理解させていただきました。


最近では、交通事故を削減するための道路としてロ-タリー交差点も採用されておられるようです。交通事故は起こしたくて起こすものではございませんので、運転中は油断しないようにしなければならないと思わせていただきます。